大事な台本を印刷し製本してくれる会社の探し方

大事な台本を印刷し製本してくれる会社の探し方

名刺やショップカード、ポスターなど、最近は、リーズナブルな価格で色々な印刷物を注文できる方法があります。書籍の印刷も同じで、フルカラーで少ない部数でも注文に応じてくれる書籍専門のネット印刷もあります。台本も書籍に近いものといえますが、その扱いは似て非なるもので、台本はその現場のリハーサルやミーティング、舞台の幕が下りるまで、演者、持ち主と共にハードな時間を過ごします。そのため、耐性を必要としますし、一般の書籍と違いページに様々な書き込みをして使用するという使い方も出てきます。スムーズなセリフ覚え、稽古に支障が生じないよう、ページの綴じ方や紙質にもこだわりたいものです。また、たくさんの部数も必要としますので、コスト面にも負担がかからず仕上がりが綺麗な製本・印刷をおこなってくれる業者を見つけたいですね。

台本の印刷と製本を依頼するならインターネット検索がおすすめ

やはり今のご時世、インターネット検索は外せませんし、全国の膨大な情報から条件に適う店舗を探し出せることはとても便利です。希望部数や製本条件など入力すれば、簡単に見積もりを取ることもできます。何より、インターネットだと24時間いつでも注文することができますので、こちらの都合と印刷会社の営業時間を合わせることなく、簡単に発注できるシステムが嬉しい限りです。ただし、コストを下げることにだけ集中しすぎて、肝心の製本や印刷のクオリティをおざなりにしないように気をつけましょう。台本の綴じ方や紙質など、お粗末なやり方や材質のチョイスなどは言語道断です。台本も作品のひとつです。演者が使いやすいよう、セリフが覚えやすいよう、綺麗な仕上がりで台本を印刷、製本してくれる業者を見つけることが、コストパフォーマンスを考える前に必要です。

信頼できる台本の製本と印刷ができる会社を選ぶには

多数ある業者の中から信頼できる会社を選ぶポイントとして、予算・技術・対応といったキーワードがあげられます。安い予算で早い納品ができることがウリでも、雑な技術では困りものです。台本は部数が必要になるものなので、少しのミスも許されません。チェック体制が万全か、何か起こった時の対応が柔軟であるか、誠意ある対応ができる業者かどうかは、選別するにおいて非常に大切なポイントです。また、台本の原稿を渡すとき、デジタルな方法でもアナログな方法でも依頼ができると便利です。小劇場で使う台本、大舞台を支える台本、部数が少なくても多くても、使う人にとって大切であることには変わりありません。台本の印刷や製本に関する相場を確認し、イメージ通りの台本に仕上げるための提案もおこなってくれる信頼のおける業者を探してください。